美gene遺伝子化粧水 評判

美GENE化粧水口コミ広場管理人のHONAMIです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

 

美GENE化粧水を使うかどうかあと一歩悩んでるあなたのための美GENE化粧水の評判をまとめました。

美gene化粧水 評判
出典:mint-tea.hatenablog.com

参考にしてみてください。

 

美GENE化粧水の評判

20代女性 20代女性
私は「うるおいが低い敏感肌タイプ」でした。遺伝子検査で自分の肌のタイプが分かるんでそれだけで価値がありました。しかも、肌質に合わせた化粧水を作ってくれるので私のような敏感肌でも合う化粧水なんですよね。早いうちにこの化粧水に出会えて良かったです。

30代女性 30代女性
昔っからインナードライ肌でお手入れが面倒でしが。でも、ちょっとサボるとすぐにカサカサ肌に。自分に合う化粧水ないかな~と、探しているとこの美GENE化粧水を発見。肌に合わせてオーダーメイドで作ってくれるので自分に合う化粧水を探していた私にはピッタリでした。

30代女性 30代女性
乾燥肌な上に敏感肌。なるべく効果が高そうな高級化粧水を選んでたのですが、どれも効果はイマイチでした。そこで友人が使ってるという美GENE化粧水をモニターで注文。今まで化粧水で駄目だったのが嘘のように肌質に変化が出ました。乾燥肌だった私がこんなしっとり肌になるなんて・・もっと早く気づくことができれば。

 

評判をまとめると・・

 

20代~50代女性の評判をまとめると
  • 全員が使って満足との声
  • 早いうちに美GENE化粧水に気づきたかった
  • オーダーメイドなので自分の肌に合う

との声が多いですね。

 

私もネットでたまたま見つけて使ってみたんですが、まさに上にあった評判通り。

まず、自分の肌のタイプを知らなかったのでどんな化粧水を選べばいいのか分かってませんでした。

なので、遺伝子検査キットを送って肌タイプを調べてもらうだけでも十分価値はあると思いますよ。

 

肌タイプは下記4つ!

  • 脂性肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

それぞれを細かく説明していきます。

 

脂性肌とは!?

皮脂の分泌が過剰になっている肌のことですが、この皮脂の分泌を司っているのが男性ホルモンの一種「テストステロン」やステロイドの一種「アンドロゲン」です。

これらのホルモンは、皮脂腺を増やしたり、皮脂を合成したりと、皮脂腺の分泌活性を高める役割を担っています。しかし、ストレスや生活習慣、遺伝的要因などにより分泌が過剰になると、それにより皮脂の分泌も過剰になり、結果的に脂性肌になってしまうと考えられています。

これらのホルモンが分泌されるピークは思春期と、30代後半~40代にかけての2度あり、これらの時期は脂性肌になりやすい時期と言えます。特に思春期に脂性肌の傾向の強い女性では、アンドロゲンの影響で40歳くらいまで脂性肌の肌質が続きやすいと言われます。また、ホルモンとは別に、遺伝的に皮脂腺が大きいケースや、加齢によって毛穴が開き皮脂が出やくなっているケースでも、脂性肌になりやすい様です。
出典:http://www.skincare-univ.com/article/000084/

乾燥肌とは?

乾燥肌(ドライスキン)は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。皮膚の水分は、発汗、不感蒸泄(ふかんじょうせつ:皮膚または呼気から蒸気として自然に失われる水分)で減少し、体の内側または大気中の水分により供給され、皮膚の保湿は皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質によって保たれています。

乾燥肌の皮膚は表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。年齢、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係しています。また腎不全・粘液水腫(すいしゅ)・栄養障害、ビタミンA欠乏症など全身の病気から生じることもあります。ネイルリムーバーに含まれるアセトンなどの脂溶性溶剤の接触で過剰な脱脂と角質細胞間脂質の破壊が生じることもあります。遺伝的に角質細胞間脂質の一種セラミドが少ないアトピー性皮膚炎や角化異常を生じる魚鱗癬も乾燥肌を生じる原因のひとつです。

出典:http://www.skincare-univ.com/article/000084/

混合肌とは?

混合肌は、部分によってタイプの違う肌のことを言います。特徴としては、「額や鼻筋はテカテカするのにあごや頬は乾燥する」、「洗顔後、部分的につっぱる」、「Tゾーンばかり脂浮きがすごい」、「季節によって肌質が変わる」といった点があげられます。

肌質はいろいろで、「普通+脂性」、「普通+乾燥」、「脂性+乾燥」のいずれの組み合わせでも混合肌と呼ばれます。厳密には、肌は部分的に違うものなので、肌質の違いが顕著に現れて肌トラブルやケア方法が変わってくるような方を、一般的に混合肌と呼びます。

肌トラブルは普通肌に次いで、軽度な場合が多いのです。しかし、きちんとケアしようと思うと、多少手のかかるタイプではあります。なんたって肌質が複数あるのですから、その部分にあったケアが必要になってきます。

出典:http://www.skincare-univ.com/article/000084/

敏感肌とは?

実は、医学的に「敏感肌」という病名はありません。強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たり、衣類が原因でピリピリしたりするなど普通の人より反応しやすい肌を一般に「敏感肌」と呼んでいるようです。最近では精神的なストレス、食生活、住環境の変化によって、肌が敏感に傾いている人が増えていますが、血液検査をしても、「敏感肌」であると判断できる数値が出てくるわけでもないのが実際のところです。

しかし、これだけ「敏感肌」に悩む人が増え、スキンケア化粧品・メーク用品も「敏感肌用」のものが開発・発売されるなど、「敏感肌」という言葉が一般化してくると、そのうち病名として医学的に認定されるかもしれませんね。

肌が敏感に傾くのには、花粉やアレルギーが原因の場合もあります。例えばアレルギーで症状としては鼻がグズっているだけでも、実は全身がアレルギーを起こしやすくなっていたり、身体のどこかにたとえ一箇所でも傷があると、全身が炎症を起こしている状態になるので、身体中が反応しやすくなっているということもあります。

出典:http://www.skincare-univ.com/article/000033/

自分の肌が一体どの肌タイプに分類されるのかをしることが出来るだけでもかなりお得なのでぜひともお試ししてみて下さい。

また、他の友人の方にも美GENE化粧水のことを教えていただけると私としても嬉しい限りです。

 

 

美gene化粧水口コミ広場では、美gene化粧水の魅力を皆さんに伝えていきます。

あなたのご協力で他の方へも伝わると嬉しいです。RTやいいねよろしくお願いします。

コメントを残す